おそまきながら


by makura-punch

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

(2009年2月21日(土)、WonderGOO守谷店 GOOst)

1.Lady Butterfly
2.PLANET☆ROCK
3.Party Nation
4.Gamble Rumble
encore
5.BLAZABILITY


今回のライブは、WonderGOOでの『Humanizer』購入特典です。
会場はWonderGOO守谷店の店内にあるスタジオ。
ライブは第1部は16時、第2部は18時開始の2部制で、自分は第2部に参加しました。

16時を過ぎて第1部が始まり、第2部の列に並んでいると、スタジオから"ドンドンドン"と打ち込みの低い音が響いてきました。
それを聴きながら、どんな曲をやっているのか思いを馳せてみたのですが、さすがにこの低音だけじゃ、さっぱり分からなかったです。

第1部が終わり、更に待って、やっと入場。
ステージ上のスクリーンには「Rage your dream」や「BREAK IN2 THE NITE」など昔のPVが流れていました。
しかしBGMは『Humanizer』だったりして、そのアンマッチ感を楽しみつつ、ライブの開始を待ちました。

定刻を10分ほど過ぎたところで、PVが映されていたスクリーンがようやく格納、いよいよライブの始まりです!
歓声の中、まずDJ.WTさん、続いてmotsuさんが登場。
1曲目は「Lady Butterfly 」でした!
yuriが姿を現したとき、暗いステージが一瞬にして華やぎました。
今日のyuriはかなりゴージャス版!
この曲は、motsuさんの♪Come on let's move itと、yuriの♪花のように蝶のように~のフレーズがスキです。
曲が始まると、自分はとにかく夢中でJUMPして手を叩いてました。
だって、とにかく近い!m.o.v.eが目の前なんですよ!
ステージは、お客さんのいるフロアから30センチくらいの高さで、申し訳程度に仕切りロープが張られているだけ。
2008年5月のライブで経験済みのはずだけど、その近さには改めて驚かされます。
ここぞとばかりに、遠慮ナシに、motsuさんを、yuriを、見まくりました!

間髪入れずに2曲目は、ま・さ・か!のこの選曲!
「PLANET☆ROCK」!!
すげー嬉しい!この曲ダイスキ☆
この曲をライブで聴くのって、2003年3月のSTUDIO COAST以来です。
♪Hey!とか♪check it out!とか、motsuさんにあわせて会場全体から合いの手が聞こえてきます。
みんなよく覚えているな~。
昔からのmoverだけしか盛り上がらないのでは~と思ったけど、そんな心配全くイラナかったです。
合いの手を間違えたりしながらも、自分も適当に叫んで騒いでました。
もちろん、♪シャバダバダとか♪rocket start yeah~とか、コーラス部分も叫ばして頂きましたよ!
曲の最後の部分は、yuriだけでなくmotsuさんも並んで歌っていた姿が印象的でした。


ここでMC。
motsuさん曰く、どーせ1回目と同じこと喋るんだけど~と前置きをしつつ、
「さんはい!」の掛け声で一斉に、♪ハッピーバースデーyuriちゃん~
翌日に控えたyuriのお誕生日を皆でお祝いしました。
yuriは、いつの間に打ち合わせしてたの~?と、とても驚いた様子です。
打ち合わせなんかしていなくても、ファンのキモチはひとつなのでした。
いくつになったの?の問いには、協議の末、25・6歳とゆ~ことに相成りました。

それから、第1部では無かったDJ.WTさんの紹介も。
DJ.WTさんは、REMO-CONの名前で、「words of the mind」の頃からお世話になっている方です。
木村氏の代わりに、ライブのサポートが決まったとき、"REMO-CON"では無く、TakasiTamuraで"WT"にしたそうです。
片手で3本指を立て、もう一方の人差し指を添える"キメ"ポーズは、まだ本決まりじゃないらしいです。

さらに、「せっかくこういう場だから」とゆーことで、質問タイム。

4月11日に行われるアニメイベントの会場となるヒューストンの話。
ヒューストンは、飛行機で11時間掛かるらしいです。遠いなぁ。。
あ、もしかして「PLANET☆ROCK」は、♪ヒューストン応答せよ、つながりだったのかニャ?

それと、motsuさんのTシャツについて。
最近のmotsuさんは自作プリントのTシャツで、よくライブやラジオや「音時間」に出演されています。
今日のTシャツはyuriの衣装に合わせて、黒地に蛍光ピンクと緑のラジカセ柄で作ったそうです。
ゆくゆくは「GHETTOBLASTA」とゆーブランド名で、販売したいと仰っていました。

Tシャツに合わせて、motsuさんのベルトのバックルは黄色いゴム製(プラスチック製?)のカセットテープ型。
とても変わったカタチで目を惹きましたが、これは売ってるのでしょうか??
伸ばしていた髪も今日はウェーブがかって、なんかステキなカンジでした。

でもそんなmotsuさんも霞んじゃうほど、今日のyuriは一段と輝いてました。
黄色地のロングワンピースに大きな太陽?お花柄?黒とかブルーとか。
黒のキャミソールにジャラジャラアクセサリー。
衣装に負けず目元がすごく印象的でカラコン&キラキラバッチリメイク。
自分が肉眼で見たyuriの中でいちばんゴージャスだったように思います。


お次はコチラ、「Party Nation」。
motsuさんの肩のチカラが抜けたカンジのラップがいいなぁと。
サビの部分は、人指し指をクルクル回すらしいです。
yuriもくるくる、WTさんもクルクルしてました。
それとmotsuさんは両腕を体の前で交互にぐるぐるしてました。


よく覚えてないけどここでMCがあったような。
今年はたくさんリリースしたいとか、そんな話。
声優さんとも何か一緒にやれたらいいねとか。
ドラマCDとの案が出ていたけれど、motsuさんはドラマCDをよく知らないみたいだったです。


ラストはやっぱりハズせないこの曲、「Gamble Rumble」。
イントロ部分はWTさんのアレンジが効いています。
WTさんはパフォーマンスが派手で、面白いです。
motsuさんに負けてないかも。
そんなmotsuさんは、イナバウアーしながらラップを歌い、起き上がって腕立て伏せ!
凄い!ちょっと真似できないッス。
足をかけたスピーカーが転がったりするアクシデントもありました。
yuriはその目ヂカラで、睨むような表情がちょう迫力でカッコよかったです。


そしてラストとは言いながら、やっぱりアンコールがあって、ファンの声援に応えて、m.o.v.eはすぐに戻ってきてくれました。

ここでまったりとトーク。
motsuさんは、WTさんのDJセットの脇に置かれていたサングラスをかけて、yuriと並んで『Humanizer』のジャケを唐突に再現してくれたり、
髪型つながりで、秋川雅史の「千の風になって」を歌いだしたり、
ファンと4月4日のオフラインな相談をしたり。
まるでm.o.v.eとファンが対話しているみたいなカンジで、ワンダーグーのイベントならではなひと時でした。


そしてホントの締めは、「BLAZABILITY」で!
目の前で繰り広げられる、motsuさんの振りはかっこよかったデス。
ところで、電車道ってナンデスカ?


・・・終わってみたら30分の短いライブでしたが、大満足のひとときでした。
思い返すと記憶が飛んでいることに気がついたのですけれど、それだけ燃焼したってことですよね!

5月でも「selfless」をやりましたけど、ワンダーグーのライブって、なんか普段のライブとはちょっと違う選曲や、長めのMCとか、サービス精神溢れるカンジがいいです。
今回のライブで、よりいっそうm.o.v.eがスキになりました。
多分それは自分だけじゃなく、他のmoverの方々もそう感じたハズですよね!?
[PR]
by makura-punch | 2009-02-23 17:45 | report
1日早いyuriのお誕生会@守谷でした。

今回第2部だけ、参加してきました。
セットリストは↓コチラ。

1.Lady Butterfly
2.PLANET☆ROCK
3.Party Nation
4.Gamble Rumble
encore
5.BLAZABILITY

・・・すごーく楽しかったです!(^^)
25、6歳のお誕生日おめでとうございます!!
[PR]
by makura-punch | 2009-02-22 00:30 | talk

No.1383「RADICAL LEAGUE」

STUDIO VIVIDに行ってきました。

最初はガラス越しに見えるm.o.v.eと、
耳に入ってくる放送をリンクさせるのにいっぱいいっぱいでしたが・・・

・放送内容できるだけ↓

yuriの車が故障して修理に出してたやつが最近戻ってきたこと。
モツさんの車も調子が悪くて車検もあって修理に出していて、
変なんところでシンクロナイザーしてるよねーとmotsuさん笑ってました。

二人とも車は古いのがスキで、
特にmotsuさんの車なんか未だにカセットテープで、
聴いてるうちに早回りしてハードコア系になっちゃって、いつもガマンできなくなって、結局止めてしまうこと。
でもそうなるのがわかってるのに、ついつい聴いてしまうらしい。
テープが早回りしてチャカポコになるとゆー表現を、motsuさんが上半身を使って表現してる姿が面白かったです。

ライブ前やレコーディングで気持ちが切羽詰まったときどうする?の質問に、
motsuさんは、その先の楽しいことを考えて、目の前の苦難を乗り越えると答えてました。
甘いものとかお酒とか。
モツさんは甘いもの好きらしい初めて知ったかも。
キャラメルなんとか~に目が無いらしい。

受験シーズンで大変だけど、その先の楽しい事を考えて乗り越えて欲しい。
挑戦することは、決してマイナスにはならないから。
と、高校を2年留年したmotsuさんのお言葉。
高校を留年したことは、未だに1回/1ヶ月のペースで夢に見るんだって。

yuriも専門学校を留年したらしく、でもその翌年にデビューしたから、留年したことも無駄じゃあないって。
二人とも留年コンビだねーって言ってました。


・印象に残ったもの↓


motsuさんの帽子。
素敵なファーの大きい帽子。
ヘッドホンはさすがに被れないようで耳に当てていました。
あれでちゃんと聞こえるのかなぁ。

番組の進行表に書かれた落書き。ハーフソックス。
多分手作りのTシャツ。写真がたくさんプリントされていました。

<yuri>
ファッションは、黒いモヘアっぽい帽子とジャケットも着てたと思うけど覚えていなくて途中から、黒のロングTシャツに。

左手にシルバーの指輪が2つと、
同じく左手首のタトゥーに重ねて数珠のようなブレスレットをしていました。
後で噂のキラキラのバックも目撃しちゃった。

yuriの表情。
話をしてる時の笑ったり考えたりしている表情が、生き生きとして、ライブとはまた違ったカンジでよかったです。

ユリは初めと終わりに司会さんと握手していて、いい人だなぁと思いました。


・・・流山おおたかの森は仕切りは無いけれど、ゲストと観客席の間に段差と距離があるぶん、お互い(?)ちょっと緊張してしまったかなぁ。
代々木は仕切りがあるけど、そのぶんm.o.v.eの二人はリラックス&お客さんは遠慮なく前に出て、じっくりと観察することができました。

お外は結構寒かったけど、でもとても楽しかったです。
モツかれ様でした!
[PR]
by makura-punch | 2009-02-05 02:14 | talk

No.1382「AKASAKASAKAS」

sakasuまた行ってきったよ。

MotherNinjaは2番目の出演。

まったりしたステージでした。
全部で4曲だったんだけど、自分「1+1=3」しか知らなかったー。
アルバムに収録されていなくて、みんなどこで覚えてくるんだろ?
(ラジオ?ライブ??

4月にAkicoさんの復帰も兼ねてワンマンをやりたいとのこと。
でも周囲からはまだダメ~と止められていて、
ファンからの要望が集まれば実現できるんじゃないかも知れないから、
嘆願して欲しいと言ってました。

もしワンマンやるとしても、曲が全然分からないから勉強しないと。

motsuさんの大胸筋がお手製Tシャツの下で盛り上がっていて、迫力でした。
その場でお題を4つ決めて繰り広げる、日高さんのフリースタイルはすごいなぁと感心。
Akicoさん復帰が待たれます。
[PR]
by makura-punch | 2009-02-04 01:26 | talk

No.1381「NON TITLE」

先週の音時間の録画を見た。

motsuさんの黄色いスカーフは、群馬→流山の時のヤツ?
恥ずかしながら、地デジを未だにVHSで録画していて、画像が荒くてヨクワカラナイ。

明日のサカス、Mother Ninjaって何番目だろう?
順番によっては、行けるかなぁと。
他の出演アーティストを知らないから、パワーバランスがどうなっているか、予測できないなぁ。
[PR]
by makura-punch | 2009-02-03 01:13 | talk

No.1380「NON TITLE」

今更『Humanizer』を買い集めてたり。

無料ライブの応募サイトで、
名前入力してアドレス入力してシリアル№入力して~、送信ボタンポチッと押しても、
"応募完了したよメール"が入力したアドレスに送信されないシステムだと、
ちょっと不安になります。

「やわらかい月の下で」は曜日を勘違いして聴き逃してしまいました。

日曜の夜はあんまり寝たくないなー。
[PR]
by makura-punch | 2009-02-02 00:57 | talk